ライフサイクルの転換を予感させる事象が起こり始めている

2020年6月26日配信

カテゴリ:
デイサービス 介護

こんにちは、船井総研の橋本和樹です。
高齢者人口の増加に伴い、これまで介護施設は拡大一辺倒でしたが、2025年を待たずに高齢者人口の減少が始まっている地域を皮切りに、徐々に介護施設の淘汰、M&Aが活性化し始めています。このトレンドは、ライフサイクルでは成熟期の転換点を迎え、展開期に向かっていることを示しています。
ピークアウトを迎え展開期に向かうときには、これまでの経営スタイルを維持することは正しくありません。新しい時流を正しく捉え直し、自社の経営スタイルや事業内容の再セットアップをしていく必要があります。そこで今回は、転換期における介護事業のトレンドを解説していきます。

トレンド①差別化・専門店化
介護サービスが地域に浸透し、価格も底値になり、大衆商品がありふれる状況になったあと、次のビジネスモデルのトレンドは差別化・専門店化となります。これまで「24時間看護体制の老人ホーム」という差別化商品がありましたが、リハビリに強みを持つ老人ホームや特定の病態に特化した老人ホームなど、専門店のバリエーションが増えていきます。また、サービスを提供する側・される側が明確に分かれていて、施設のなかでサービスが完結されてきたこれまでの老人ホームの概念を覆す差別化された老人ホームが人気を集めていくことになります。
すでに、認知症ケア、パーキンソン病、ターミナルケアなどの専門店が存在し、多くの施設が高い入居率を確保しています。また、地域の方々がたくさん集まる老人ホームや、地域のなかで経済活動を行なっている老人ホームなど、一般の方が見てはっきりと理解できる差別化されたコンセプトを持つ老人ホームも人気です。

トレンド②:プチリッチ
老人ホームの供給増加に合わせて、低価格トレンドとなり、すでに底値に到達しているエリアが多くなっています。一方で、仕入れコストや人件費は上がる傾向にあり、利益の目減りを懸念する会社も目立つようになり、アップセルを積極的に検討している介護会社が増えてきました。
かつては他社より金額の高い老人ホームは入居率が上がりにくい傾向が見られましたが、最近は差別化された商品を評価してもらいやすくなっています。全国のご支援先のうち、地域のなかで目立って価格帯の高い老人ホームを運営している会社でも、新型コロナウイルスの影響が出てからも入居希望は増加している数値が出ています。金額が多少高くても、品質の良さや安心感を得ることに重きを置く顧客も増えているようです。

ライフサイクルが転換するときは、これまでの考え方や経営スタイルの調整をし、必要であればビジネスモデルの再セットアップを行なう必要があります。いま経営しているなかで、時代の変化を感じたり、これまでの成功法則の効きが悪くなっていると感じる場合などは、何よりまず最新情報をキャッチアップするための行動を起こすことをお勧めします。
弊社には、2か月に1度開催される経営者向け勉強会である「介護サービス経営研究会」「デイサービス経営研究会」があり、無料お試し参加も可能です。ご興味のある方は、まずはお問合せください。

この記事を書いたコンサルタント

橋本 和樹

上場企業、地方商圏トップシェア企業を中心に、事業拡大を前提とした経営戦略・組織戦略の構築実行、業態開発、ダイバーシティー推進を主なコンサルティングテーマとしている。また、投資ファンドのアドバイザー、中国介護法人の業績アップ支援など、幅広い顧客の介護事業経営を支援しており、多くのクライアント企業がメディア・書籍等で紹介されている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る