看護師の年間問い合わせ138名、応募76名、採用45名を実現した成功事例大公開!

2018年7月2日配信

カテゴリ:
人材採用・育成・評価

看護師採用は、年々採用が厳しい状況になっています。
都道府県の看護協会が看護職員の再就職や転職を仲介、支援する各地の「ナースセンター」では、平成26年度の求人倍率が2.79倍と過去10年で最高だったのに対し、実際に就職できたのは15人に1人に満たなかったことが、日本看護協会のまとめで分かっています。
求人倍率が3倍近いにも関わらず、就職に対してミスマッチが起きているのは、医療業界から介護業界へ転職される看護師の受け入れが進んでいないことにも繋がっています。
一般的に看護師は、新卒配属先として病院勤務から始めまるのが一般的です。その後結婚・出産・育児をきっかけに医療業界から離れ、その後子供の手が離れるタイミングで再就職を検討されます。
しかし、その再就職先が勤務時間の問題や夜勤の問題で見つからず、看護師不足を解消できていないのが現状です。
その時代の流れを読み取り、非常勤枠の増加や働きやすさの整備を行い、多くの看護師から問い合わせをいただき、採用に繋げている法人様がいらっしゃいます。
その数字はなんと、「年間問い合わせ138名、応募76名、採用45名」という数字で、且つそのかかった費用がわずか37万円ということで驚きです。また介護職も年間228名採用できているという状態です。
それを実現できたポイントとしては、自法人の採用力強化、つまりWEB発信強化によって実現できています。
その成功法人が、過去3年間に渡っての失敗事例から成功事例までを赤裸々に語っていただける経営者向けセミナーを開催します。上記のような成果を出すまでには、生半可な努力ではありません。そんな採用の施策を徹底的に実施した内容を公開していただけます。
また、担当の採用コンサルタントからは、成功法人以外での他法人の成功事例や、「採用・定着・育成・教育」まで一貫した考えを持ったうえでの採用戦略もお伝え致します。
2025年問題を見据えた時に、この内容を知ったうえでの動き方で、2020年以降必ず大きな差となって法人経営に影響を及ぼします。
セミナー開催まであと10日です。

・応募がこない、採用ができないのを改善したい
・採用コストを下げたい
・就業後すぐに辞めてしまうのを改善したい
・新規開設をしたい
・訪問事業を維持、または伸ばしたい

そうしたお考えをお持ちの経営者の皆様、、採用の仕組み化を全てお話します。ぜひセミナーにお越し下さい。

【セミナー概要】
2018年7月度介護業界・WEB採用セミナー
ゲスト講師:株式会社ビーナス 取締役 金尾治朗氏

【日程】
7月15日(日) 株式会社船井総合研究所 東京本社(JR東京駅 丸の内北口から徒歩1分)

【開催時間】
12:30~17:00

【2018年7月度介護業界・WEB採用セミナー】

▼セミナーの詳細・申し込みはこちら▼

この記事を書いたコンサルタント

植野 公介

「介護の仕事に誇りを持った人財を多く輩出する」をコンサルティングテーマに、 介護業界の株式会社、社会福祉法人、医療法人向けに、採用・定着・育成・研修のコンサルティングを行っている。中でも、介護施設を対象とした介護関係職(介護職、看護師、リハビリ職など)の採用コンサルティングを得意としている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る