2年で管理職8名輩出&経常3,000万業績アップ成功事例

2018年4月19日配信

カテゴリ:
入居施設

「管理職さえ育ってくれれば、もっとスピード感をもって事業拡大できるのに、なかなか人が育たない」という経営者の悩みをよくお伺いします。介護事業においては、施設で売上をつくり、施設で生産性を管理していくので、業績がつくれるかどうかは管理職次第と言っても過言ではありません。

創業期は経営者のマンパワーである程度の事業拡大を進めることができても、どうしても10億、20億を突破して地域一番化を目指していく途中で「管理職が育たずに事業拡大がストップする」という課題に当たります。社長業が忙しくなり経営者が直接部下を育てられない環境になったり、各施設の日々の動向を経営者が把握できなくなったり、そういうことが事業拡大とともに管理職が育ちにくくなることと相関しています。

「会社の明るい未来をつくるのは社長の仕事。だから、人材育成は社長の仕事だ」と考えて、社長直下に研修部を組成し、サービス品質認定制度を導入。たった2年で管理職を8名輩出した成功企業があります。かつては現場の人材不足から、給与単価を引き上げたり、紹介会社・派遣会社に頼り、入居率90%を超えても赤字になるほど事業運営に苦しんでいた企業です。
社長直下に研修部を付加しサービス品質認定制度を整備することで、定着率が劇的に改善するとともにマネジメントしやすい組織風土に変わり、管理職が自然と育つ企業になったのです。研修部を設置し本部機能を強化したにもかかわらず、新規開設なしで経常利益3,000万の増益も実現されています。

その成功企業の社長自らが、2年間でどのような取り組みをされて管理職輩出を実現されたのかをすべて公開する経営者向けセミナーを開催します。担当コンサルタントからは、安定的な事業拡大に成功する会社の職場づくり・管理職育成の仕組みをたくさんの事例を交えながら解説します。
人事制度、マニュアル(サービス基準書)、教育研修など、1つ1つのテーマの中身を解説するセミナーは巷によくありますが、経営者の視点に立って経営効率化という観点から人や組織に関わる様々な施策を一体的に捉えて横断し、実践企業の経営者自らが自社の取り組みを公開するセミナーは滅多にありません。

セミナー開催まで2週間です。
・今後も事業拡大をしていきたい
・中長期に渡って安定した事業運営を行っていきたい
・管理職の交代が喫緊の課題となっている
そうしたお考えをお持ちの経営者のみなさま、管理職が自然と育っていく人財戦略の仕組みをすべてお話します。ぜひセミナーにお越しください。

【セミナー概要】
研修部付加型経営効率化セミナー
ゲスト講師:株式会社ぬくもあ 代表取締役 山口剛徳氏
5月14日(月)船井総合研究所 東京本社
5月21日(月)船井総合研究所 大阪本社

この記事を書いたコンサルタント

橋本 和樹

上場企業、地方商圏トップシェア企業を中心に、事業拡大を前提とした経営戦略・組織戦略の構築実行、業態開発、ダイバーシティー推進を主なコンサルティングテーマとしている。また、投資ファンドのアドバイザー、中国介護法人の業績アップ支援など、幅広い顧客の介護事業経営を支援しており、多くのクライアント企業がメディア・書籍等で紹介されている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る