デイサービスの稼働率をあげる5つのポイント(沓澤)

2015年11月4日配信

カテゴリ:
デイサービス

どんどん・・・寒くなってきましたね。。。
これからの時期、12月~1月は感染症もおきやすい時期です。
報酬が下がった年の最初の冬がやってきます。
どの法人でもそうですが、しっかりと対策していきたいものです。
特にデイサービスではお休みをどれくらい減らせるか!?これは
普段のコミュニケーションや対応で随分と変わってきますので、
成果が問われるところ。
去年の欠席率をしっかり確認して、今年の数字の改善活動を施設
全体で行っていきましょう。
それでは、本日のメルマガにいきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【01】コンサルタントコラム1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■デイサービスの稼働率をあげる5つのポイント
執筆者:船井総合研究所 医療・介護支援部 チームリーダー 沓澤翔太
皆さん、こんにちは。
制度改定から半年が経過しました。
多くの法人、事業所を見ていると未だに売上が戻らないとおっしゃるところもご
ざいますが、戻ったという法人や事業所も出てきています。
戻っている事業所は9月ぐらいで元に戻ったところがほとんどです。
なぜ、それらの事業所では売上が元に戻ったのでしょうか。
これは、商圏内の事業所数に変化があったことが影響しています。
今回の改定の前後で、事業所を閉める、統合するといったところが前回の改定時
よりも多くありました。
その結果、利用者が移動したことにより延利用者数が増え、売上が元に戻ったの
です。
なお、我々のクライアント様で制度改定に左右されずに経営・運営をいらっしゃる
法人様、事業所様もあります。
なぜ、彼らは制度改定に左右されずに経営・運営ができるでしょうか?
それは、介護の報酬の増減に一喜一憂することなく、厚生労働省が発表している
方向性に基づいた経営を行っているからです。
つまり、方向性通りの取り組みを行っていると必然的に元の数値に戻るというこ
とになります。
例えば、通所事業において、厚労省の指針は通所事業を卒業し、社会に復帰する
というものがあります。
これに基づき、機能改善や維持に注力することで卒業を目指している事業所が多
数あります。
その際、機能訓練を行うことでADLを改善し卒業していくというケースもあれ
ば、彼らがやっていたこと、やりたいことができる体制を作ってあげることで、
社会復帰を促進するという方法があります。
一例を挙げると、「たこ焼き屋」をやっていたご利用者にもう一度「たこ焼き屋」
を行っていただける体制を整えて、社会復帰を促したという事例があります。
どんな形であれ、ADL改善を図っていく・・・という方向性にどう対応できるか?
これが事業運営のカギとなっていくでしょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【02】コンサルタントコラム2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■入居施設活性化セミナー「空室を埋める方法」(1/3)
<Part1>入居率を100%にさせませんか?
執筆者:船井総合研究所  医療・介護支援部 金親英聖
こんにちは。介護チーム新メンバーの金親英聖です。
本日より、3回に渡りこちらの記事を担当させていただきます。
宜しくお願いいたします。
ここ最近、施設の入居率の低下に頭を悩ませている方、多いのではないでしょうか?
統計データによると、入居率100%を達成している住宅型有料は全体のわずか38%。
サ高住にいたっては23%しかありません。
意外と少ない印象がありますね。
試算上では2050年まで高齢者の数は増えるとされています。
しかし、国策として入居施設を3倍に増やす取り組みが行われているため、
今後はさらに入居率が厳しくなることが予想されます。
ではどうしたら契約数を増やし、入居率を高めることができるのでしょうか?
契約数を増やすためのポイントは以下の3つです。
①問い合わせ率UP
②見学率UP
③契約率UP
中でも、特に効果が現れるのが③契約率UPです。
実際、どのように契約率を改善したら良いのか?
次回、施設を満床化させる具体的な施策事例と営業戦略についてお伝えいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【03】介護関係のセミナー・研究会のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

歩けるデイサービスへの業態転換セミナー

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/315786.html
【こういう方にお奨めです】
-高い収益性・社会性、そしてこれからの成長性を有した新しいビジネスモデルを探している経営者様
-パワリハと差別化されたリハビリ型デイサービス事業への立ち上げを検討されている経営者様
-すでにデイ事業をされており、サービス内容のモデルチェンジをお考えの経営者様
-高齢者の「歩きたい」という思いに答える事業に取り組みたい経営者様
【開催会場】
名古屋会場:2015年11月18日(水)
福岡会場 :2015年11月25日(水)
半日型(2回転)で歩行機能回復に特化した歩けるデイサービスの立ち上げ・リニューアルで、
売上155%UP、稼働率91.3%、利益率30%を実現した手法を公開します。
歩けるデイサービス事業のビジネスモデルから現場運営方法など
具体的なノウハウを半日でご紹介いたします。

リハビリ特化型半日デイサービス新規参入セミナー

http://www.funaisoken.co.jp/seminar/188501.html
【こういう方にお奨めです】
-本業に変わる新たな収益の柱を探している経営者様
-本業と相乗効果の出やすいビジネスを検討している経営者様
-成長期にある介護マーケットで勝てるビジネスを探している経営者様
-社会的価値の高いビジネスを新たに始めたい経営者様
【開催会場】
大阪会場   :2015年11月24日(火)
東京五反田会場:2015年11月25日(水)
リハビリ特化型半日デイサービスで月額営業利益500万円を実現した介護の新業態を公開します。
パワーリハビリステーションを活用し、介護の習熟度が比較的低くても教育が行いやすいモデルです。
比較的軽度の高齢者のニーズに応えることで、新たな介護業態への展開が可能です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【04】最新レポートダウンロード(無料)のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

リハビリ特化型デイサービス成功の法則

⇒ https://www.funaisoken.ne.jp/mt/form01/kaigo-day-lp-dl.html
立ち上げに失敗しない秘訣を大公開!
リハビリ特化型デイサービス 新規参入・業態リニューアル 無料レポート

99%の介護施設がおちいる採用の5つのワナ

⇒ https://www.funaisoken.ne.jp/mt/form_entry/kaigo-saiyou-dl.html
無料進呈!介護専門の採用コンサルタントが教える採用のコツがわかる
ガイドブックを無料でダウンロード可能です。

介護向け 研修カタログ

⇒ https://www.funaisoken.ne.jp/mt/kaigo-keiei/kaigo-training-catalog-dl.html
船井総研の研修はここが違う!
・専門コンサルタントが研修を担当!
・施設ごとの特性に応じてカスタマイズ可能!
・調査分析から制度作りまで商品ラインナップが充実!

この記事を書いたコンサルタント

沓澤 翔太

デイサービス、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどの新規開設、収支改善、異業種からの介護事業への新規参入支援などを手がける。現在は、主としてデイサービスや有料老人ホームの利用者獲得や新規開設を中心にコンサルティングを行っている。 介護事業のコンサルティングの他、療養病床の転換や訪問診療など、医療業界のコンサルティングや、医療器具の販売促進についても実績を持つ。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る