デイサービスの稼働率をあげる5つのポイント(今村)

2015年10月8日配信

カテゴリ:
デイサービス


今日は、デイサービスにおいて稼働率が85%を超えている事業所が行っている
5つの施策についてお伝えさせていただきます。

介護報酬の改定を踏まえ、介護会社のいくつかについて、経営が成り立たず、
店をたたむ話という話を耳にすることが多くなってきました。

話をよくよく聞けば、店を閉めるほとんどの原因は、

1.利用者が集まらない
2.スタッフがやめてしまい、人が集まらず結果人員基準を満たせなくなる

この2点に集約されているようです。

今日は1.の問題について、
利用者が集まらない=稼働率が高まらない
という点についてお伝えささせていただきます。

稼働率が高い事業所が行っていることは下記5つです。

1.ケアマネ営業に関して、目標を定めて実施している
2.商圏内の中で他社と差別化されたプログラムの強みがはっきりしており
利用者に対して何を提供したいかが明白
3.従業員のモチベーションが高い
4.欠席者対策が徹底しており、出席したくなる仕組みがある
5.症例改善事例が豊富

この精度の高さがそのまま稼働率につながっています。
上記のうち、どれに自分の施設が該当しているか?をまず考えること。
それが稼働率アップのための、第一歩です。

セミナー講座のご紹介

<Part4>「営業利益率30%!高収益型デイサービスの最新事例とは!?」
執筆者:船井総合研究所 医療・介護支援部 今村大樹

皆様こんにちは!船井総合研究所 医療・介護支援部の今村大樹です。

こちらのコラムでは前回に引き続き「デイサービス経営革新セミナー」の内容から
Part4『営業利益率30%!高収益型デイサービスの最新事例』をご紹介します。

前回、歩けるデイモデルを紹介させていただきました。

それでは、この歩けるデイサービスの目的は何でしょうか?

それは、「サービスを受けたご利用者が地域で一番歩けるようになる」ことです。

車椅子を使っていた要介護者の方が車椅子を卒業し、杖で歩けるようになる。

片麻痺の方が健足を活用して起き上がりや歩行ができるようになる。

こういった成果(改善事例)を早く、たくさん出せることが、
この歩けるデイサービスモデルの最大のコンセプトになります。
そしてそれが、地域のケアマネジャーにとっての自社のブランドとなり、
営業を推し進めなくても高稼働率を維持することが可能になります。

目指す目的(成果)を一つに絞り込むことで、歩行機能の回復という社会性と
高稼働率を維持する収益性の二つを実現することができます。

ご利用者を一日お預かりするタイプのデイサービスに加え、ご利用者の機能を
維持・改善させるタイプのデイサービスモデルが今後、必要とされて来ることは
言うまでもありません。

いつまでも自分の力で歩きたい。

一人でトイレに行けるようになりたい。

そんな高齢者の方々の想いを叶えてくれる”歩けるデイサービス”が世に広がって
いくことを信じて止みません。

歩けるデイについてご相談をご希望の方は、下記よりお問い合わせ下さい。
 

Webフォームからはこちら

メールでのお問い合わせはこちら

 


経営研究会のご案内

介護サービス経営研究会《無料お試し参加受付中》

月づきたったの2万円!「地域一番」をホンキで目指す介護事業者のための実践的なグループコンサルティングサービス!必ず答えが見つかります!

介護サービス経営研究会

デイサービス成功の法則 無料レポートはこちら

リハビリ特化型デイサービスの新規参入、開業、リニューアルなら船井総研
社会性と収益性を両立する時代へ突入
介護業界の事業環境において、押さえておくべき重要な点とは?

リハビリ特化型デイサービスの新規参入、開業、リニューアルなら船井総研

PDFファイルサイズ17.7MB
2015年9月4日公開


 

今村 大樹(イマムラ ダイキ)

医療・介護・福祉・教育支援部

今村 大樹(イマムラ ダイキ)

広島県出身。坂本龍馬に憧れて京都へ移り住む。同志社大学卒業後、船井総合研究所に入社。入社後は異例の人事により、社内の採用と教育を携わる経営企画本部人財開発チームに所属。12,000人を超えるエントリー数を誇る船井総研の採用と若手社員の育成実務に携わる。
現在は、採用実務経験のあるコンサルタントとして10億~100億円企業の採用と若手社員教育を行っている。

この記事を書いたコンサルタント

今村 大樹

在宅介護専門コンサルタント。

船井総研に新卒で入社後、経営企画本部に所属。
現場に詳しいコンサルタントとして介護業界にて新規開設・人材マネジメント・収益改善実績を多数持つ。


業界に携わる経験を通じて高齢者の機能を回復させる「歩くリハビリプログラム」と出会い、高い社会貢献性を持つ同モデルのコンサルティングを開始。
全日本ノルディックウォーク公認指導員の資格を持ち、現在は歩くリハビリプログラム・中重度対応機能回復プログラムのコンサルティングを手がけ、全国を飛び回っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る