タイムカードの置き場所は離職率を左右する

2017年9月28日配信

カテゴリ:
人材採用・育成・評価

こんにちは、施設介護チームの橋本和樹です。
 
採用でお困りの介護会社は多くありますが、新規開設以外の人材不足は退職に伴う充足採用ですから、採用だけでなく、離職対策への感度を上げていかなくてはなりません。離職率を下げていくことは、無駄なコストの削減になりますから、経営効率化に直結しています。介護報酬の適正化が行われていくであろう今後の介護業界では必須のテーマです。
 
離職率の高い組織や、慢性的に人材不足に悩んでいる組織は、施設長の多くが「退職願いが出るまで、退職の予兆はつかめなかった」と仰います。毎日同じ空間で働いているわけですから、退職の予兆がつかめないというのは、施設長の現場やスタッフをマネジメントしていくことへの感度や関心が低いと言えます。
 
対策として、まずは勤怠打刻用タイムカードの置き場所を変えていただくのが良いと思います。
事務所内、施設長とアイコンタクトやふつうの声の大きさで会話ができる位置に、勤怠打刻用のタイムカードを設置してください。そうすることで、最低でも出勤時と退勤時の2回はスタッフの表情を見たり、会話をする機会をつくることができます。
 
その環境のなかで、施設長は、毎日「おはようございます」と仕事の手を止めてアイコンタクトをして笑顔で挨拶をすること、スタッフ1人1人の「いつもと違う」に早く気づき「何かあった?大丈夫?」と声をかけること、退勤時には明日も気持ち良く出勤してもらえるように「ありがとうございました」とアイコンタクトを取って笑顔で声をかけること。このたった5秒でできる仕事の徹底をしてください。施設長の毎日の地道な振る舞いを見て、スタッフたちは上司を信用するかどうか、長く働きたいかどうかを決めています。
 
普段はスタッフと話もせず、ぶしつけな態度で事務所にこもり、話しかけるときは注意や指導だけなのに、いざ辞めるとなったら急にご機嫌取りや会話の頻度が上がるようなマネジメントや、好き嫌いが顕著で特定のスタッフとしか会話をしないような施設長に誰がついていきたいでしょうか。
 
人材が定着しない組織には、定着しない理由が必ずあります。その理由のなかには「施設長が信頼できない」という要素が入っていることが多いのです。
 
 


【無料小冊子プレゼント】
成長介護会社が実践する『明るい職場をつくる<褒めフレ>30』

【無料小冊子プレゼント】成長介護会社が実践する『明るい職場をつくる<褒めフレ>30』

 
 

今回の担当コンサルタント

介護・福祉グループ 施設介護チーム チームリーダー チーフ経営コンサルタント

橋本 和樹(ハシモト カズキ)

介護施設再生のスペシャリスト。経営者の右腕として事業再生のほか、施設長として新規開設や施設再生を経験、介護施設運営に関する圧巻のノウハウと実績を生み出し、船井総合研究所に入社。
空室や離職、サービスの質に悩む介護施設の課題解決を瞬時に導く独自の着眼点に、全国の介護施設経営者たちからの信頼も厚い。
深い専門性と周辺業界への幅広い知見が求められる介護業界と現場・経営レベルで隅々まで知り尽くした、数少ない異色のコンサルタント。

>>お問合せ・無料経営相談

この記事を書いたコンサルタント

橋本 和樹

上場企業、地方商圏トップシェア企業を中心に、事業拡大を前提とした経営戦略・組織戦略の構築実行、業態開発、ダイバーシティー推進を主なコンサルティングテーマとしている。また、投資ファンドのアドバイザー、中国介護法人の業績アップ支援など、幅広い顧客の介護事業経営を支援しており、多くのクライアント企業がメディア・書籍等で紹介されている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る