儲からない介護施設の落とし穴

カテゴリ:
介護 サ高住

みなさまの介護施設はしっかりと収益が出ていますか?赤字ではありませんか?
年々介護施設が増加していくなか、収益を確実出せる施設になるには、3つのハードルがあります。

1.空室を埋めて満室にすること。
2.一人当たり売上を十分に確保すること
3.ムダなく効率的に施設を運営すること

収益を確保するためには、1から順番に課題をクリアする必要があります。そのなかで、一人当たり売上確保で躓いている法人が多く見受けられます。
施設は満室だが客単価が低いために、赤字になっている。これがいわゆる満床赤字です。

なぜ、客単価が低いのでしょうか?
その3大要因は、

①重度の方を看る体制が整っていない
②提供したサービスについて、請求漏れが発生している
③料金設定が間違っている

施設の経営者様とお打ち合わせをする中で、上記について伺うと「うちの施設は問題ない」というご回答をよくいただきます。
しかし、実際現場の方にヒアリングし、細かく確認すると約7割の施設に課題があります。
これらを一つ一つ改善しなければ、収益改善は実現しません。

今回は、サ高住・住宅型有料の収支改善に取り組まれている経営者様向けにセミナーを開催いたします。

満床赤字改善セミナー(WEB配信:7月28日、8月18日、8月30日)

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/074449

サ高住・住宅型有料収益改善セミナー

この記事を書いたコンサルタント

金親 英聖

東京工業大学を卒業後、船井総合研究所に入社。
過去には婚礼業界、IT業界を担当。
現在は介護業界(特に在宅サービス)を専門にマーケティング支援を行う。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る