【無料レポートあり】介護職採用にお悩みの方に朗報!2021年介護職員採用で抑えるべきポイント

2021年1月29日配信

カテゴリ:
人材採用・育成・評価 介護

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

今回は2021年の介護職員採用で抑えるべきポイントを解説いたします。

ポイントは2点です。
①コロナ禍×介護報酬改訂=業界未経験の介護職員採用の追い風
②採用活動強化のカギは最適なWeb採用の仕組み構築

このポイントを抑えることで
年間応募者数157名 / 応募単価¥14,000
年間採用者数55名 / 採用単価¥40,000
が実現可能となります。※船井総研クライアント成功事例
紹介会社に高い紹介料を払わずに職員の採用を実現できます。

以下、詳しく2点について解説していきます。

①コロナ禍×介護報酬改訂=業界未経験の介護職員採用の追い風
コロナ禍における介護業界の転職市場の傾向として、
他業界からの求職者の流入があります。

さらに今年4月の介護報酬改訂では、
介護職員の処遇改善における
賃金改善配分ルールの見直しが検討されています。
この見直しでは、経験・技能のない介護職員への配分が可能になります。

つまり、他業界から流入してくる介護未経験の求職者へ
よりよい求人条件での募集が可能になります。
この追い風のタイミングで自社の採用活動を強化する必要があります。

②採用活動強化のカギは最適なWeb採用の仕組み構築
・indeedを活用している
・HPで求人募集をしている …など
すでにWeb採用を実施している事業所は多いでしょう。
しかし、Web採用で成果が出ている事業所は少ないでしょう。
成果を出すには最適なWeb採用の仕組みを構築する必要があります。

今回は数多くの介護事業所の採用活動に共通する
Web採用の失敗事例を踏まえ
正しいWeb採用の仕組みをレポートにまとめています。

本レポートでは、具体的な事例をベースに
・課題点
・成果を出すためにおさえるべきポイント
を解説しています。

Webの知識がなくても
自社のWeb採用の課題点と改善すべきポイントが明確に把握できます。

<↓詳細・無料ダウンロードは下記リンク先からご確認くださいませ↓>
https://www.jinzai-business.com/report_dl/201228

※その他コラムに関連するお問い合わせや
個別のご相談は下記リンク先からご確認の上、お申込みくださいませ。
専門のコンサルタントが最新の動向や皆さまに合ったご提案をさせて頂きます。
https://lp.funaisoken.co.jp/mt/kaigo-keiei/inquiry.html

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました。
今後とも引き続きよろしくお願いいたします。

この記事を書いたコンサルタント

植野 公介

「介護の仕事に誇りを持った人財を多く輩出する」をコンサルティングテーマに、 介護業界の株式会社、社会福祉法人、医療法人向けに、採用・定着・育成・研修のコンサルティングを行っている。中でも、介護施設を対象とした介護関係職(介護職、看護師、リハビリ職など)の採用コンサルティングを得意としている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る