【最新版】小規模多機能の運営実態

2021年10月8日配信

カテゴリ:
小規模多機能

皆様もご存知の通り、小規模多機能の市場規模が小さいこともあり、
本メールマガジンも連動して閲覧数は少ない傾向がありますが、
毎月約500名の方にお読みをいただいています。
現時点で小規模多機能が日本全国に5,669事業所ありますので、
10%近くの人がお読みになっているという計算になります。

メールマガジン別の閲覧数を見ながら、
皆様がどういったテーマに関心度合が高いのかを分析していると、
最も関心度合が高いのが、「赤字脱却」に関連する内容でした。

実際に船井総研で作成した「小規模多機能データベース」を見ていると、
5,669事業所のうち、3,552事業所(62.7%)が
非常に厳しい経営実態であることが分かりました。

データベースの一部ではありますが、下記をご覧になると、
多くの事業所の経営状況が厳しいことがお分かりになるかと思います。

小規模多機能の運営実態

■小規模多機能の運営実態
——————————————————————-
登録者数20名未満  2,367事業所 41.8%
登録者数20名以上  3,302事業所 58.2%
登録者数25名以上  1,531事業所 27.0%

平均要介護度2.0未満 2,063事業所 36.4%
平均要介護度2.0以上 3,606事業所 63.6%
平均要介護度2.5以上 1,582事業所 27.9%

登録者数20名未満×平均要介護度2.0未満 3,552事業所 62.7% 大苦戦
登録者数20名以上×平均要介護度2.0以上 2,117事業所 37.3% 損益分岐点~若干プラス
登録者数25名以上×平均要介護度2.5以上 437事業所 7.7% 高収益化
登録者数29名以上×平均要介護度3.0以上 10事業所 0.2% 超高収益化
——————————————————————-

毎月メールマガジン経由で数多くのご相談をいただくのですが、
経営者や経営幹部の方と面談をしていると、
月収支が-100万円や-200万円という赤字運営も珍しい話ではありません。
加えて、小規模多機能以外の既存事業で出た利益でなんとか赤字を補填する実態になっており、
事業継続自体をどうするか悩んでいるというケースもよく耳にします。

ただ、結論として、損益分岐点まで持っていくのは難易度の高いことではないと考えています。
仮に-100万円の収支状況だとしても、新規利用者を3~4名増やし、加算算定をすれば、
早期に赤字脱却することが十分可能です。

赤字脱却の成功事例

赤字脱却の成功事例を3つに絞ってご紹介します。
 ①人口5万人エリアの事例  3ヵ月間で月収支-100万円から+50万円に改善
 ②人口15万人エリアの事例 5ヵ月間で月収支-200万円から+90万円に改善
 ③人口35万人エリアの事例 5ヵ月間で月収支-60万円から+40万円に改善

「上記のような事業所が具体的にどのような手法で赤字脱却をしたのか知りたい」
「詳しい事例について聞いてみたい」といったご要望がおありの方は、
過去メールマガジンや小規模多機能レポートをお読みいただければと思います。

さらに詳しく学びたいという方については、直近で下記セミナーを実施しておりますので、
内容をご覧いただき、ご興味がおありでしたら、ご参加いただければと思います。

【webセミナー】小規模多機能の赤字脱却セミナーについて

■セミナー概要
小規模多機能の赤字脱却セミナー

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/078550

小規模多機能が赤字でお悩みの経営者・経営幹部様へ朗報!
月売上760万円・営業利益率15%以上を達成するアクションプランを大公開!

■セミナーに関する問い合わせ先
船井総合研究所 森永顕成
Mail:a-morinaga@funaisoken.co.jp
TEL:070-2299-0608
Chatwork ID:akimasa2426

船井総研では、小規模多機能の収支改善・収益化に関するセミナーを2018年から複数回開催してきました。過去セミナー参加者の方からは「セミナー内容を実践したら成果が出ました。」という嬉しいお声を多くいただいています。2021年の最新版ノウハウを包み隠さずお伝えいたしますので、ご参加を検討いただければと思います。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

この記事を書いたコンサルタント

森永 顕成

愛媛県松山市出身。 新卒で船井総合研究所に入社後、介護業界のコンサルティングに従事。 中期経営計画の策定、人事制度の構築、採用・定着支援、管理者・新人育成、収支改善、業務改善、クラウド化推進など幅広いテーマで経営支援を実施している。特に、小規模多機能、看護小規模多機能のコンサルティングを得意としており、新規開設・収支改善のコンサルティング実績を数多く持つ。法人規模や地域特性を踏まえた戦略を策定し、親身に寄り添いながら成果創出を行うコンサルティングスタイルには定評がある。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る