シニアマーケットにおけるオンラインマーケティングとは

2019年10月9日配信

カテゴリ:
マーケティング

「募集しても良い人材は来ない・・」、「(集客は)いつも同じところからの紹介だけ・・」、
皆さまはこの言葉を聞いて5年後の成長が想像できますか?

私は保険外事業を専門にコンサルティングしていますが、介護事業の業績を確認するとよく聞かれる言葉がこれです。
少しの工夫で変わるのに勿体ないと思ってしまいます。

では、少しの工夫とは何なんか、そのポイントは『信用度のアップ』です。
具体的には、インターネットやSNSのいわゆる『オンライン』と直接的な繋がりである『オフライン』の融合を行い信用を高めることです。

本日は主にオンラインであるインターネットとSNSについてお伝えします。

総務省の最新の発表(2017年)によるとスマートフォンの世帯保有率は75%と既にパソコンを抜いています。
今はスマートフォンで「誰でも・簡単に・すぐに」情報を得ることができます。

我々のいるシニアマーケットでも当然同じです。
例えば、自分の家族が行く通所サービスあるいは自宅へ来る訪問サービスをケアマネージャーに紹介されたら、その会社のホームページを見ませんか?

成長が鈍っている事業・会社ほど「ホームページはあるけど・・」、「SNSはわからないからちょっと・・」となっています。
その結果、情報発信力が極端に低いのです。

採用でいえば働き世代は必ずホームページを見ますし、20代・30代など若い世代ではSNSも見ているでしょう。
このように、良いサービスを提供していてもそれだけでは勝ち残っていけない、これから益々そんな時代になっていきます。

一方、保険外事業に取り組んでいる会社は真逆です。
市場で認知を高め、会社や事業をより魅力的に見せるため、新サービスの紹介、スタッフの日常、事例、イベントのお知らせ、お役立ち情報等々、常にターゲットへの最新情報を発信しています。
なぜなら、情報発信の鮮度が高く、その発信量が信用に繋がるからです。

保険外での成果から介護事業でも同じように取り組まれる会社がいます。
その結果、InstagramやFacebookでも高齢者が楽しそうに体操している動画などSNSの活用事例がどんどん増えています。
新しい取り組みによる情報発信力で信用を高めている会社と、旧体質の会社ではどちらが今後のシニアマーケットで選ばれるのか、想像は容易だと思います。

経験上、インターネットやSNSが得意な社員が社内にもいるはずです。役割を持たせることで活き活きと投稿してもらえることが意外と多いです。

是非、自社の事業戦略の一端にインターネット・SNS活用によるオンラインマーケティングの強化をお考えいただき、『信用力』を高めるきっかけ作りをしていただければと思います。

 

◆保険外事業をお探しの経営者様へ

自費リハビリ研究会では最新の成功事例の共有や付帯として個別のご相談会がございます。
詳しくはこちら
>>自費リハビリ経営研究会についてはこちらをクリック

◆オンラインマーケティングから『信用力』を高めた会社の成功事例はこちら
(無料レポートがダウンロード可能)
>>成功事例レポートの無料ダウンロードはこちらをクリック

この記事を書いたコンサルタント

久積 史弥

自費リハビリ事業は理学療法士としての経験を活かせるテーマとして大きな可能性を感じています。それは保険の枠にとらわれない、柔軟で価値の高いサービスを提供できる事業だからです。
さらに注目して頂きたいのは、日本の高齢化が世界的に見ても先進国だという点です。自立支援のためのリハビリ文化を世界に提供することは大きなビジネスチャンスになります。
時流である自費事業。そのリハビリ領域における事業を立ち上げから結果に拘り精一杯お手伝いさせて頂きます。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る