今から取り組むべき COVID-19 第2波への対策

2020年6月30日配信

カテゴリ:
放課後等デイサービス

みなさま、こんにちは、船井総研山本です。

児童発達支援・放課後等デイサービスのCOVID-19第2波への対策についてです。
3月、4月、5月とCOVID-19の影響を受け、多くの事業所が売上を落としました。
6月に入り、売上が戻ってきた事業所が多いですが、まだ1月、2月の売上ほどまで回復していないのではないでしょうか。

今回のメールマガジンではCOVID-19第2波に備え、今から取り組める対策についてお伝えします。

その対策は、
オンライン支援の導入です。

4月、5月にオンライン支援を導入された事業所はほぼ売上を落としておりません。
一部の事業所に至っては売上が増加しております。
COVID-19対策にオンライン支援は必須と言えるでしょう。

7月6日(月)に、一般社団法人ライフタイムコンディション 青木理事をゲスト講師にお迎えし、「オンライン支援導入により、稼働率34%アップした事例セミナー」を開催します。
ライフタイムコンディション様は、オンライン支援導入された結果、稼働率は34%アップ!キャンセル率は15.6%から1.7%へ減少!という大きな成果を残されました。

・すでにオンライン支援は取り組み済みだが、さらに質の高いオンライン支援を行いたい法人様
・現在、オンライン支援の導入を検討されていらっしゃる法人様
・今後のCOVID-19第2波に向け、オンライン支援の環境を整えておきたい法人様

ご興味のある法人様は以下よりお申込みください。

【参加申し込み&問い合わせ先】
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062052

当日の視聴方法等は、お問い合わせいただいた後にお伝えします。

【セミナー日時】
7月6日(月)10時00分~12時00分

【場所】
オンラインにて配信

【講座内容】
第1講座
オンライン支援導入で稼働34%UP事例紹介
一般社団法人ライフタイムコンディション
理事 青木伸二郎 氏

第2講座
アフターコロナについて
船井総研 山本

【参加申し込み&問い合わせ先】
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/062052
当日の視聴方法等は、お問い合わせいただいた後にお伝えします。

皆様のご参加、お待ちしております。

この記事を書いたコンサルタント

山本 貴大

船井総合研究所で初めて障がい福祉事業のコンサルティングを行い、業界のコンサルティング領域を確立した第一人者。放課後等デイサービス新規参入のコンサルティングでは、開業からわずか2ヶ月で単月黒字を達成した実績を持つ。
異業種の障がい事業新規参入から、障がい福祉事業者の組織マネジメントまで、幅広くサポートを行っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る