障がい事業で介護人材不足対策!障がい事業が主力事業へ!

2019年5月21日配信

カテゴリ:
障がい福祉

介護人材不足対策ができる障がい事業を

法人の主力事業へと育てるためのセミナーを開催いたします。

6月26日(水)大阪会場

7月4日(木)東京会場

https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/046611_lp/

わずか3年で7つの障がい事業を展開され、利用者が147名、

障がい事業が法人の新たな主力事業へと成長している

社会福祉法人伸康会 理事長 蒔苗様を

ゲスト講師にお迎えいたします。

■主な講座内容■

介護人材不足を障がい事業で対策する方法

障がい児から障がい者まで対応できる
地域密着型ワンストップサービスの事業展開

伸康会様が障がい事業を始めたきっかけ

障がい事業を始めてよかった点、苦労した点

障がい事業で成功するためのポイント紹介

今後の事業展開

などについて現場映像を交えてご紹介します。

■以下に当てはまる方はぜひご参加ください■

障がい事業を将来の主力事業へ育てたい法人様、

新規事業へチャレンジされた法人様

介護人材不足を打開したい法人様

障がい事業で現在苦戦されている法人様、

収益性と社会性が両立できる事業を行いたい方

■セミナー概要■

大阪会場
6月26日(水)13時~16時30分
船井総研大阪本社

東京会場
7月4日(木)13時~16時30分
船井総研五反田オフィス

申し込み先&詳細

【障がい福祉セミナー】

▼セミナーの詳細・申し込みはこちら▼

https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/046611_lp/

皆様のご参加、お待ちしております。

この記事を書いたコンサルタント

山本 貴大

船井総合研究所で初めて障がい福祉事業のコンサルティングを行い、業界のコンサルティング領域を確立した第一人者。放課後等デイサービス新規参入のコンサルティングでは、開業からわずか2ヶ月で単月黒字を達成した実績を持つ。
異業種の障がい事業新規参入から、障がい福祉事業者の組織マネジメントまで、幅広くサポートを行っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る