なぜモデル法人視察を行うのか

2019年7月19日配信

カテゴリ:
障がい福祉

モデル法人視察により得られる成果は、
・経営者、経営幹部の目線が上がる
・次の事業展開のヒントが見つかる
・新たな目標が見つかる
・自社に即日取り入れることができる事例が見つかる
・モデルを見る、感じる、マネをする=成功確率が1番高い
・勉強好きの経営者と交流ができる

など様々な成果がございます。

船井総研では9月にモデル法人視察セミナーを開催します。
このような貴重な機会をぜひ皆様の会社の成長のきっかけにしてください。
経営者はもちろん、経営幹部の方もぜひご参加ください。

視察セミナー1
https://lpsec.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049300_lp/

視察セミナー2
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049300_2_lp/

以下、詳細・申し込みです。

【視察セミナー1】

日時
2019年9月4日(水)@奈良
先着42名様限定(残席数が減ってきております)

内容
障がい福祉事業で子どもから大人までに地域密着型ワンストップサービスの構築方法
障がい×アート、ものづくりによる、利用者の長所を活かした活動
障がい福祉よりライフサイクルの進んだ高齢者介護法人に学ぶ、成熟期での生き残り方

対象
障がい福祉事業で地域一番を目指したい方
障がい福祉事業所の多店舗展開を目指している方
ユニークな障がい福祉事業所から自社の事業所づくりのヒントを得たい方
子どもから大人まで切れ目のないワンストップサービスを構築したい方
ライフサイクルの進んだ介護業界の経営手法を自社に取り入れたい方

詳細・申し込みはこちらです。
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049491_lp/

【視察セミナー2】

日時
2019年9月5日(木)@大阪
先着34名様限定(残席数が減ってきております)

内容
運動&学習に特化した放課後デイの療育現場が視察できる
登録者100名超え、キャンセル待ち続出、他社と圧倒的な差別化ができる療育プログラムとは
未経験者・無資格者でも即戦力化できる育成プログラム

対象
児童発達支援・放課後等デイサービス事業所を運営している方
児童発達支援・放課後等デイサービスを地域一番店にしたい方
明確なコンセプトを持つ運動学習特化型児童発達・放課後等デイサービスを始めたい方
療育プログラムに課題を感じている方
新しく児童発達支援・放課後等デイサービス始めたい方

詳細・申し込みはこちらです。
https://lp.funaisoken.co.jp/kaigo-keiei/seminar/049300_2_lp/

皆様のご参加、お待ちしております。

以上

この記事を書いたコンサルタント

山本 貴大

船井総合研究所で初めて障がい福祉事業のコンサルティングを行い、業界のコンサルティング領域を確立した第一人者。放課後等デイサービス新規参入のコンサルティングでは、開業からわずか2ヶ月で単月黒字を達成した実績を持つ。
異業種の障がい事業新規参入から、障がい福祉事業者の組織マネジメントまで、幅広くサポートを行っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る