事業者全員が気になる!障がい福祉サービス報酬改定~就労継続支援B型 編(全4編)

皆さんこんにちは!
船井総合研究所の西田です。

3年に1度訪れる、障がい福祉サービス事業者なら誰もが気になる報酬改定。

本日は、児童発達支援編・放課後等デイサービス編・就労継続支援A型編・就労継続支援B型編の4からなる2021年障がい福祉サービス報酬改定『就労継続支援B型』について触れたいと思います。

特に皆様が気にされている点としては、

『就労継続支援B型の報酬単価がどうなるか?』

ではないでしょうか。

・現状
・論点
・方向性

の3つに分けて、できるだけ簡潔に記載できればと思います。

厚生労働省障害福祉サービス等報酬改定検討チームより出されている、
就労継続支援B型の現状は以下の通りです。

【現状】
・就労継続支援B型の平均工賃月額は16,369円。
・ボリュームゾーンは10,000~11,000円。
・中央値は13,145円。

平均工賃月額が高い事業所層が平均値を押し上げている状況にあります。
(中には平均工賃3,000円を下回っている事業所も存在しています)

※参考図(厚生労働省資料より)


その背景として、

『利用者の障害特性等に応じ、工賃向上に向けて、生産活動等の提供や必要な訓練等の支援などを行うことは、その実施に当たり相当程度の労力を要するものと考えられる』

とされています。

ここまでを以下簡単に要約すると、

就労継続支援B型の役割は、

・工賃向上に努めること。
・利用者の支援を行うこと。
・1人でも多くの一般就労者を増やすこと。

大きくはこの3つに分けられるかと思いますが、報酬算定構造は、

『利用者にお渡しする平均工賃月額に応じて報酬を算定している』状態ということです。

【論点】
果たして、このままの報酬構造で良いのか?

【現在の方向性】


『利用者にお渡しする平均工賃月額に応じて報酬を算定』したことで平均工賃の底上げに繋がったため引き続き報酬構造は継続する。
(前回の報酬改定では低工賃が問題視されていたため、工賃額に応じた報酬改定がなされた)


+αで利用者の生産活動等への参加等を支援したことをもって一律の評価をする報酬体系を新たに創設することを検討する。
つまり『工賃』のみならず、より利用者の現状を踏まえた報酬構造もプラスするということになります。(基本構造の他に、加算による評価も実施)

※参考図(厚生労働省資料より)

いかがでしたでしょうか?

具体的な単位数等はまだ明記されておりませんが、
こちらの記事でおおおよその就労継続支援B型の現状と、
今後の報酬改定の方向性がつかめたのではないでしょうか。

ここまでお読みいただいた経営者様に向けて、今回の報酬改定が、ご自身の事業にどのよ うな影響をもたらしうるのか、そしてどのような対策をすれば経営状態の維持・向上に活 かすことができるのかをより詳しくお伝えするためのセミナーをご用意いたしました。

本セミナーでは、多種多様な障がい福祉事業を運営されている経営者様にとって、報酬改定の内容をわかりやすく解説し、明日から取り組める対策をお伝えしたいと思います。

まだ、報酬改定の結論はでておりませんが、セミナーの頃には最新の情報をご提供可能です。
ご興味のある方はぜひ下記URLより内容をご覧ください。

障がい福祉サービス 報酬改定解説セミナー
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/069649

この記事を書いたコンサルタント

西田拓馬

関西学院大学卒。
「障がい者の自立の実現」に向け、就労継続支援B型の新規開発・業態転換・活性化に取り組み、採用から集客、運営まで、現場ベースでサポートを行っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る