コロナでも業績が伸びる高級食パン専門店×障害者雇用モデルのご紹介

2020年10月15日配信

カテゴリ:
障がい者就労支援 障がい福祉

皆様こんにちは!
船井総合研究所の西田です。

本日は、高級食パン専門店と、障害者雇用(就労継続支援B型)のクロスにおける新規ビジネスモデルのご紹介をさせていただきます。

【高級食パンモデルについて】

初期投資2000万円~で始められ、年商1億、営業利益30%が実現可能なビジネスモデルです。

一般的なパン屋と比べ、

・製パン経験ゼロでも始める事が可能
・出勤時間8時からと早くない
・単品製造で生産性が高く営業利益30%を実現
・自家需要に加えて手土産需要を獲得
・食パンの単価は1斤400円以上と高単価
・リピート率80%で予約比率も高い

という職人ゼロで高収益なモデルになっております。

【障害者雇用(就労継続支援B型)について】

就労継続支援B型とは、福祉的就労サービスです。
障害を持たれた方で、一般就労できなかった方が働く場として、就労継続支援を利用します。

現在、障害を持たれている方は、年々増加の傾向にありますが、一般就労(障害者雇用枠での勤務)に付ける方は多くありません。
むしろ、福祉的就労サービスを利用する障害者の方は増加傾向にあります。
国の障害者へ支払う給付予算も年々上がり続けている現状です。

就労継続支援B型は、売上の90%が給付金で成り立っております。
利用者がサービスを利用度に、給付を得られる仕組みとなっております。

障害者雇用(就労継続支援B型)は大枠でこのようなビジネスモデルとなっております。

【高級食パン×就労継続支援B型のメリット】

上記2つのビジネスモデルを組み合わせる事で、大きく3つのメリットがあります。

①事業所収益を最大化できる
就労継続支援B型では、売上300~350万円、営業利益率30%~50%を実現可能です。

高級食パンの売上に加え、障害者雇用に置ける給付金を売上に付加することが可能となります。

②障害者の雇用の場を生み出すことができる
就労に頭を抱えている障害を持たれた方の雇用の場を提供することが可能です。
社会性の高い事業モデルとして運営が可能です。

③人材不足をカバー
障害者を雇用することで人材不足を補うことも可能です。
また、正社員の雇用よりも、人件費を抑える事が可能になります。

以上のように「高級食パン×就労継続支援B型」モデルは社会性が高く、且つ高収益なビジネスモデルが展開可能です。

本日お伝えしているのは、クロスモデルのほんの一部になります。

・高級食パンモデルの立ち上げはどうすればよいのか?
・就労継続支援B型の立ち上げ方は?そもそも就労支援がまだ良くわからない。

など、様々な想いをお持ちの方がいらっしゃることと思います。

そんな皆様の為に、10月、11月、12月に渡り、オンラインセミナーを開催させていただくこととなりました。

・『高級食パン専門店×障がい者雇用』のビジネスモデルについて
・食パン市場の概要と高級食パン専門店成功のポイント
・就労支援B型ビジネスモデルについて

より詳しくお伝え致します。

詳細を下記バナーよりご確認いただけますので、是非一度目を通していただければと思います。

コロナでも業績が伸びる!高級食パン×障がい者雇用(就労B型)

▼詳しく知りたい方はこちら!▼
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/065283

この記事を書いたコンサルタント

西田拓馬

関西学院大学卒。
「障がい者の自立の実現」に向け、就労継続支援B型の新規開発・業態転換・活性化に取り組み、採用から集客、運営まで、現場ベースでサポートを行っている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る