放課後デイ事業を立ち上げて、3年で4拠点開設できた理由

2018年12月6日配信

カテゴリ:
放課後等デイサービス

皆様、こんにちは!株式会社船井総合研究所の中谷文哉です。

今、日本全体では要介護・支援認定数646万人に対し、
障がい福祉サービス利用者は936万人と介護業界より利用者数は多くなっています。
この数値は今後も増加する見込みで地域での障がい福祉のニーズは高まってきています。

そういった中で介護事業から障がい福祉事業に参入し、
地域1番化へ成功した法人様もでてきました。それが社会福祉法人伸康会様です。

障がい福祉事業参入に際し、まず立ち上げたのが就労継続支援事業で
その後は後発で運動学習特化型放課後等デイサービスを2店舗展開、
就労準備型放課後等デイサービス、音楽特化型放課後等デイサービスを開業されました。
放課後デイについては3年で4拠点展開というスピード展開をされておられます。

このようにスピード展開できた理由は下記のポイントがございます。

1.競争が緩い障がい福祉事業では差別化がしやすかった。
  商圏によっては、放課後デイ自体の数が少ない地域もあり、競争が緩やか。
  放課後デイは併用利用の方が多く、コンセプトを打ち出すことで他事業所と
  連携して利用するため競合にならない。

2.初期投資が低くスピード展開することができた。
  放課後デイ1事業所の大きさが20~30坪であり物件の初期投資があまりかからない。
  複数展開となると利用者が自社内の事業所を複数利用するようになり販促費を削減できる。

3.専門特化型コンセプトを追求することで地域のニーズにしっかり答えることができた。
  小学生向け・中高生向けなど同じ事業でもターゲットを変えることでニーズに応えることができた。

4.コンセプトの打ち出しにより優秀な人材を採用できた。
  「音楽特化型放課後デイ」など専門的な事業所をの開設をアピールし採用をかけることで
  「そこで働きたい」という意思の強い方を採用することができる。

上記のポイントによりスピード展開を実現されました。

今、放課後デイの参入を検討されている方は、その商圏にない
専門特化型コンセプトの放課後デイの開設をご検討いただき、
スピード展開をぜひ実現していただきたいと思います。

今回ご紹介させていただきました社会福祉法人伸康会様をゲストにお招きし、
「障がい福祉地域1番化セミナー」を
1月18日(金)東京会場 2月8日(金)大阪会場で開催させていただきます。

詳細は後日ご案内させていただきます。

【障がい福祉サービス経営研究会】

▼研究会の詳細はこちら▼

この記事を書いたコンサルタント

中谷 文哉

立命館大学政策科学部卒業後、船井総研に新卒入社。
フードビジネスのコンサルティングを経験した後、以前から希望していた
障がい福祉チームに配属。放課後等デイサービスの新規立ち上げや就労継続支援A型事業所での
コンサルティングを経験している。現在は、現場主義でのコンサルティングを行いながら、
Webの活用や採用などにも力を注いでいる。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る