こんにちは!
シニアライフグループの三浦です。

■激化する利用者獲得競争
高齢者人口が増加する一方で、
有料老人ホーム、デイサービス、訪問介護、居宅介護支援事業所といった
介護事業に参入する企業も増えております。
また、コロナにより介護サービスの利用を控える高齢者なども増え、
利用者獲得競争が激化しております。
このような状況下で介護事業者がするべきことは
自社で安定的に利用者を獲得できる体制を整えることです。

■効果的な利用者の獲得方法
高齢者を集客するためにまず必要なのは専門職へのアプローチです。
ケアマネージャー、ソーシャルワーカーといった高齢者の在宅復帰、
在宅サービスの手配などに関わる専門職に対しアプローチをかけ、
信頼関係を構築することで、利用者を紹介して頂くことができます。

※詳しいアプローチ方法はこちら↓↓↓↓↓↓↓

■高齢者の住まい選び事業としての展開
高齢者の集客をおこなっていくと、自社のサービスには身体の状態や立地、金額、
稼働率などの理由で案内できないケースもでてきます。
そういったケースも収益化できるのが「高齢者の住まい選び事業」としての展開です。
「高齢者の住まい選び事業」は自社に案内できない利用者を他社の介護施設へ案内したり、不動産売却や相続、身元保証等の相談につなげることで収益化するビジネスモデルです。
この「高齢者の住まい選び事業」を展開することで、保険外の収益を上げることができます

■さいごに
利用者獲得にも、保険外サービスの柱づくりにも
シニアビジネス参入のきっかけにもなる
「高齢者の住まい選び事業」は年々需要が増え続けており、
名古屋で本事業を展開している「ケアシステム株式会社」は
参入して5年で年間営業利益1.5億を生み出す会社へと成長し、
今では名古屋で地域一番店としてサービスを提供し続けております。

まだ地域によっては空白マーケットである「高齢者の住まい選び事業」を
ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

※ 事業モデルについて、もっと詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/068786

■「高齢者の住まい選び事業」について
【介護施設の紹介】
介護が必要になった高齢者の方に完全無料で老人ホームを紹介。
紹介単価が20~30万円と高額でありながらも、必要人員は1名、店舗不要と
初期投資、ランニングコストを抑えられるビジネスとなっております。
【空き家を活用した低価格の住まい提供】
低所得や自立、支援であることを理由に老人ホームに入居できない方の行き先を、
空き家を活用しサブリースで提供。入居者から毎月数万円の固定費を頂戴する
ストック型のビジネスとなっており、安定的な売り上げを確保することができます。
上記の2つを同時に行うシニアビジネスが「高齢者の住まい選び事業」となっており、
生活レベル、健康状態が異なる高齢者、健康、お金、孤独に不安を抱えている高齢者を
一貫してターゲットとできるシニアビジネスとなっております。

■「高齢者の住まい選び事業」の特徴
・低投資からはじめられる高収益のビジネスモデル
・ストックで収益を獲得
・あらゆるマーケットの仲介役となる
・成長市場でありながら空白マーケット
・地域にとって必要な存在

この記事を書いたコンサルタント

三浦 潤生

新卒で船井総合研究所に入社し、介護業界、歯科業界でのコンサルティングを経験。現在は主として老人ホーム・介護施設紹介のコンサルティングに携わっている。
特にチラシ等のツール制作には社内外問わず定評がある。また、ダイレクトマーケティングによる顧客との接点作りを得意としている

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る