やさしい”ビジネスモデル”

2022年8月5日配信

カテゴリ:
老人ホーム紹介

いつもお読みいただきありがとうございます。
本日は始めやすい”やさしいビジネスモデル”をご紹介致します。

【やさしいビジネスモデルとは?】
・お 金:収益性が高い/初期投資が少ない
・経 験:資格不要/届け出不要
・ 人 :1名/未経験者OK
・内 容:社会性が高い/汎用性が高い

新規事業を探すキッカケ

・本業が安定し好調である
・既存事業の収益が減少している
・新たな収益源を模索している
・既存事業の案件を違う導線から獲得したい

などと様々な理由で新規事業を模索されている
経営者様は多いのではないでしょうか?

そうは思ってはいても
新規事業を始めるのに
一歩足が進まない方もたくさんいらっしゃるかと思います。

それは、初期投資の金額や経験、届出の必要性、
既存事業との相乗効果、会社としての方向性などの
判断材料がマッチしていないのが起因しているのではないでしょうか。

では、それらがマッチしている
やさしいビジネスモデルとは
どのようなものなのかを
ご紹介致します。

やさしいビジネスモデルとは?

【やさしいビジネスモデルとは?】
・お 金:収益性が高い/初期投資が少ない
・経 験:資格不要/届け出不要
・ 人 :1名/未経験者OK
・内 容:社会性が高い/汎用性が高い

ごく一部ですが、
やさしいビジネスモデルというのは
上記のに当てはまるビジネスモデルではないかと思います。

初期投資が少ない上に、収益性が高い。

営業スタッフは1名からスタートでき、
資格・経験・届などが必要ない。

事業としての社会性が高く、
他の事業への展開もしやすい。(汎用性が高い)

これらに該当しないビジネスモデルの場合、
会社として背負うリスクが大きく、
始めるまでに時間がかかったり、
時流の波に乗り損ねてしまう可能性があります。

そうならないためにも、新規事業を模索する際に
そのビジネスが「やさしいビジネスモデルなのか?」
という視点をもって模索して頂ければと思います。

やさしいビジネスモデル公開中

介護施設の施設紹介事業付加セミナー

この記事を書いたコンサルタント

三浦 潤生

新卒で船井総合研究所に入社し、介護業界、歯科業界でのコンサルティングを経験。現在は主として老人ホーム・介護施設紹介のコンサルティングに携わっている。
特にチラシ等のツール制作には社内外問わず定評がある。また、ダイレクトマーケティングによる顧客との接点作りを得意としている

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る