照明のオン・オフで、施設への入居率が向上する理由とは!?

2018年12月6日配信

カテゴリ:
老人ホーム紹介

みなさん、こんにちは!
シニアライフコンサルティングチームの鈴木友章です。

『施設見学には来てくれるけれど、
なかなか入居が決まらない』

多くの介護施設事業者は、こうした経験をされていませんか?

条件が合わずに、他の施設に決まってしまった
これは仕方がありませんが、準備不足で、
選ばれなかったというのも、よく見られます

『実は、たった1つのことを変えるだけで、
入居率が変わるのです』

その一つが、照明です

省エネのために廊下の電気を消していませんか?

電気が消えていると、
『暗い』印象を受けます

電気をつけたり、消したりしながらの見学も、
印象は良くありません。

街の家電量販店に足を運んでみてください
照明がついていないことは、無いですよね?

仮に、暗いお店とそうでないお店が並んでいたら、
皆さんはどちらで商品をいますか?

照明一つで、印象は『大きく』変化します

確かに、見学時の職員の対応や、プレゼンは大切です
しかし、それ以前に、照明などのサービス業の基本は大丈夫でしょうか?

5つのポイントを見直してください

・照明 ・・・ 見学時に「省エネ」といって照明を消していませんか?
・掃除 ・・・ 見学ルートに「埃」は溜まっていませんか?
・挨拶 ・・・ すれ違った職員は「笑顔」で挨拶をしていますか?
・整理 ・・・ 見学時に見せる部屋が「物置き」になっていませんか?
・導線 ・・・ 入居の「申し込み用紙」は用意していますか?

皆様の施設はいかがですか?

『準備』を徹底するだけで、印象は変えることができます
もちろん、利用者の獲得率も向上します

明日から実践できることだらけです
是非取り入れてみてください!

【介護サービス経営研究会】

▼研究会の詳細はこちら▼

この記事を書いたコンサルタント

鈴木友章

上智大学社会福祉学科卒業。 入社後は施設介護業界、中古車業界などで経験を経て、現在は、祖母の介護経験から関心の高かった保険外サービスの立ち上げに従事している。営業支援、専門職向けの勉強会など、老人ホーム紹介事業のスタートアップから地域への浸透を専門の領域としている。最新の介護業界の動向を的確にとらえ、わかりやすく伝える手腕は、クライアント先だけでなく、社内での評価も高い。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-210 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る