あなたの会社に高齢者が殺到する!これからのシニアマーケットの押さえどころ!

2019年9月11日配信

カテゴリ:
新規参入 老人ホーム紹介 脳梗塞リハビリ

高齢者をターゲットにするのであれば直接高齢者を狙って販促や営業をかけても効果はあまりありません。

理由は、自宅に住んでいればケアマネージャー、病院であればソーシャルワーカーという専門職の方が介護のアドバイザーとして本人およびその家族に寄り添っているからです。
そのため、何か介護に関する不安ごとがあればそれらの専門職の方に相談が行ってしまうため普通に営業をかけても、怪しい業者にしか見えないのです。

このようにシニア事業に参入する上で、ちゃんとポイントを押さえれば成功しますが、いま御社にある集客ノウハウをそのまま転用すれば良いだろうと考えるのは失敗します。

そして、シニア業界は、「テクニック」より「人間味」であり、人と人のつながりや信用が活きます。

このご時世に今時の効率的でシステマチックな経営はなかなか肌に合わないのです。
そこで考えなくてはいけないのは、本当に『本業が高齢者を集められる1番の手法なのか?』ということです。
つまり、本業商品は高齢者を集めるものではなく集めた高齢者に対して売れる商品なのではないかということ。

その場合は別で新たに高齢者を集客できる事業を新規に立ち上げることも1つの方法です。
高齢者の集客部門をつくるのです。

新たに高齢者を集客できる事業部を立ち上げる場合、ぜひ考えていただきたいのは、

・社会性と収益性の両方が高い
・在庫や店舗を持たない
・医療や介護の専門職とつながりができる
・高齢者や決裁権者(家族)と直接接触できる

シニア事業をする場合、大原則として社会性は必要不可欠でありここが弱ければ集客ができません。
一方で社会性を追求するあまり、収益性が低いことも、またこの業界の特徴です。
立ち上げされるときは、収益構造も理解した上で決断しましょう。

また、先程からのお話の通り今後シニア事業を展開、拡大していくに際して押さえるるべきは、高齢者、専門職、施設の3点であり、これらのつながりができるだけで商材が変わっても、どんなものでも売れる仕組みがつくれます。

つまり、今後様々なシニア事業へと展開できるようになるのです。
よって、この3点とつながりが作れる事業であることがベストです。

具体的にどういう例があるかといいますと、

・老人ホームと介護施設の仲介事業(老人ホーム紹介ビジネス)
・退院患者向けの自費リハビリ事業(脳梗塞リハビリビジネス)
・機能改善を目指す高齢者向けの訪問鍼灸事業務(訪問医療マッサージビジネス)

といったものがあります。

その中から老人ホーム紹介ビジネスを例にとって具体的に、どう条件に当てはまるのかといいますと、
先程のポイントが全て押さえられているとともに、店舗や設備などがいらず、初期投資が少ないこと。

そして、特別な介護知識がいらないため異業種参入がしやすく、人材採用も対象者が幅広いためスムーズであるということです。また、女性やシニア人財との相性が良く、これまで採用できなかった層の人財に活躍してもらうこともできます。

船井総研ではモデル企業の集まる定例の勉強会を開催しています。
初回参加は無料ですので、是非ご覧になってみて下さい。

 

―――――――――――――――――――――――
【無料でお試し参加受付中!】
<老人ホーム紹介ビジネス経営研究会 10月例会のご案内>

【東京会場】10月16日(水)
【大阪会場】10月16日(水)

高齢者向けに収益の柱を作りたい企業様、
初期投資を抑えて高齢者向け事業を開始したい企業様、
高齢者事業で川上に立ちたい企業様向けの研究会です。

本コラムを読んで、ご興味のある方は、
ただいま無料でお試し参加を受け付けておりますので、
ぜひご案内をご覧ください。

▼詳細・無料お試し参加申込みはコチラから
https://kaigo-keiei.funaisoken.co.jp/hokengai/study/rojin_home

―――――――――――――――――――――――
「老人ホーム紹介ビジネス経営研究会」とは・・
―――――――――――――――――――――――

高齢者の住まい選びを専門とする
「老人ホーム紹介ビジネス」に特化した経営研究会です。

報酬や制度改定により激しく変化する高齢者の住まい選びにおいて、
ご本人が最後まで自分らしく快適に過ごす時間と場所を確保するために、
全国の最新ノウハウや成功事例の共有を積極的に行っています。

老人ホーム紹介ビジネスの地域一番企業から、
まだ新規参入したばかりの企業まで、
業種やステージにかかわらず多くの会員企業が互いに切磋琢磨しています。

▼詳細・無料お試し参加申込みはコチラから
https://kaigo-keiei.funaisoken.co.jp/hokengai/study/rojin_home/

この記事を書いたコンサルタント

中川 洋一

船井総研に入社後、中古車業界、温浴業界、アミューズメント業界、士業業界、医療業界、介護業界の経営コンサルティングに注力してきた。老人ホーム紹介ビジネスのコンサルティングを開始してからは、この業界の専門コンサルタントとして全国で新規参入や業績アップ支援を行っている。老人ホーム紹介ビジネスに新規参入する業界は多岐に渡り、各業種との相乗効果も様々。どのような業種であっても老人ホーム紹介ビジネスに参入し業績アップをできるノウハウを日々磨きこんでいる。これまでに様々な業種でのコンサルティングを行ってきたことが、現在の展開に大きく寄与している。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る