★小規模多機能を看護小規模多機能に転換★ 登録者29名×平均要介護度4.0実現に成功!

2019年6月12日配信

カテゴリ:
小規模多機能

みなさん、こんにちは。

船井総研の森永顕成です。

 

今回は小規模多機能を運営されている経営者様向けに、「黒字経営できない小規模多機能を収益化する方法」について成功事例を元にご紹介する無料レポートをご用意いたしました。

 

今回は、東京都調布市で小規模多機能を看護小規模多機能に転換され、大成功を収めた株式会社つつじが丘在宅介護センター様の成功事例をご紹介します。

 

つつじが丘在宅介護センター様の看護小規模多機能は、年間平均登録者数が29名と常に満室状態でありながら、平均要介護度も4.0と高く、重度な方も積極的に在宅でサポートされています。

 

厚生労働省のモデル事例紹介の第一に紹介され、日本全国にこのモデルを広げるための講演活動や視察なども積極的に受け入れるなど、業界の第一人者としても知られている事業所様です。『地域を丸ごとケアする』を信念とし、医療と連携した独自の運営手法によって、重度者の在宅介護を実現可能にされており、幅広い在宅介護のニーズを掴むことに成功されています。

 

地域の方々から圧倒的支持を受けるつつじが丘在宅介護センター様がこれまでどのように小規模多機能や看護小規模多機能に取り組んでこられたのか。その成功に至る過程をレポートにまとめましたので、以下よりぜひダウンロードください。

 

詳しい内容は下記の無料レポートをクリック

無料プレゼント『小規模多機能の収益化成功レポート』。

https://www.funaisoken.co.jp/seminar/047245

 

ご興味をお持ちの方は是非ご参考にしていただければと思います。

この記事を書いたコンサルタント

森永 顕成

愛媛県松山市出身。新卒で船井総研に入社後、介護業界の経営コンサルティングに特化。

今後、地域包括ケアシステムにおいて中核的役割を担う小規模多機能のモデルに注目し、全国の小規模多機能を行脚・取材を重ね、成功ノウハウをルール化。

小規模多機能の新規立ち上げ・活性化コンサルティングを得意領域としている。

現場主義・事例主義・結果主義を信条とし、成功確率の高いコンサルティングを志向。誠実で親身な仕事ぶりにクライアントから厚い信頼を得ている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る