「運動産業を始めるなら今がチャンス!介護事業会社様がトレーニング事業に注目すべき理由とは」

2019年6月10日配信

カテゴリ:
介護

みなさま、こんには。
いつも、弊社のメールマガジンをご購読いただき
誠にありがとうございます。

(株)船井総合研究所
医療支援部 ヘルスケアグループの竹留(タケドメ)と申します。

日々、整骨院(治療院)とトレーニングジム立ち上げのお手伝いを
させていただいております。

本日のメルマガでは、
介護事業を経営していらっしゃる経営者様に
トレーニング事業の中でも
セミパーソナルトレーニングジム事業の魅力をお伝えさせて頂ければと思います。

私のお付き合いさせていただいている企業様の中でも、
介護事業を運営されている経営者様は多数いらっしゃいます。

日々、皆様のお話をお聞きしていると、

□予防のメニューを特化させたサービスを提供したい
□保険に縛られない自費サービスに取り組みたい
□利用者様の満足度を更に高めたい
□更に多くの層の利用者様に活用してもらいたい

このようなお悩みをお聞きすることが多々あります。

今回は、このような介護事業の経営者様のお悩みを
セミパーソナルトレーニングジム事業の参入により解決いただければと思い、
お伝えさせて頂きます。

では、なぜ今、
介護事業会社様がトレーニング事業の中でもセミパーソナルトレーニングジム事業に注目すべきかお伝えさせて頂きます。

◆トレーニング事業に注目すべき理由
1、市場が急激に成長する
2、既存の利用者様以外の新しい顧客獲得が可能である
3、福利厚生として活用することで、企業価値が向上する
4、初期投資が低く、早期の投資回収が見込める

簡潔にまとめるとこれらのベネフィットがございます。

ヘルスケア産業に従事している経営者様であれば、
周知のことですが、

今後、このヘルスケア産業、そして運動産業の市場規模は、
急激な成長すると、経済産業省は算出しております。

運動産業市場規模の具体的な数字をご紹介すると、
2016年に約7100億円の市場規模が、
2025年には、約1兆5900億円まで成長すると算出されております。
成長率で表現すると、220%成長と言えます。

これは、
ヘルスケア産業以外の産業と比較してもなかなかない成長産業です。

また、
2つ目の既存の利用者様以外の新しい顧客獲得が可能という点ですが、

介護事業であると、介護保険の決まりで
施設当たりの利用者様数、枠に制限があるかと思います。

また、高齢者の方がメインターゲットとなり、
他の年齢層の顧客獲得が難しいと言えます。

ここで、トレーニングジム事業の中でも、
セミパーソナルトレーニングジム事業に参入いただくと更に
幅の広い年齢層の顧客を獲得することが出来ます。

また、保険制度に縛られない自費サービスの提供が可能となります。

そして、3つ目に、自社の福利厚生としてジムを開始することにより、
従業員に活用いただけます。

結果として、
・社員の健康が保たれる
・社員の生産性が高まる
・医療費削減に繋がる
などの要因から、企業価値向上、いわゆる健康経営の実現に近付くことが出来ます。

最後に、新規事業参入を考えた際に、最も気になる投資額ですが、
このセミパーソナルトレーニングは、

・初期投資1000万円
・投資回収1年半
・月商300万円
・営業利益率30%

を達成できるビジネスモデルであります。

かつ、このセミパーソナルトレーニングは
ビジネスモデルのライフサイクルが、
導入期のため、
まだ競合企業が”皆無”と言っても過言ではないという状況なのです。

つまり、競合企業に大きく影響されず顧客獲得が可能と言えます。

ここまで、
セミパーソナルトレーニングジムのご紹介をさせて頂きましたが、

このセミパーソナルトレーニングジムのビジネスモデルについて
更に詳しくまとめさせていただきました
「特設ページ」もご紹介させていただきますので、是非ご確認下さいませ。

「特設ページ」からは、
・フィットネス事業の業界レポート
・セミパーソナルトレーニングのビジネスモデルレポート
も掲載しております。
https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/046833_lp/

ご興味がございましたら、是非、ご一読下さいませ。
長文、お読みいただきまして、誠にありがとうございました。

~~セミパーソナルトレーニングジム立ち上げセミナーのご案内~~

この度、セミパ―ソナルトレーニングジム立ち上げをテーマとしたセミナーを
開催いたします。
・ビジネスモデルの詳細について
・具体的な立ち上げ方法について
・初期投資、回収シミュレーショについてご興味のある方は、
是非ご確認くださいませ。

【第2回トレーニングジム事業の参入で業績UPセミナー】

▼セミナーの詳細・申し込みはこちら▼

https://lp.funaisoken.co.jp/funai-healthcare/seminar/046833_lp/

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る