【拡大版への無料ご招待】スペシャルゲストが明かすリハビリ専門家のクロージング成功法

2019年5月9日配信

カテゴリ:
脳梗塞リハビリ

こんにちは。
シニアライフコンサルティングチームの久積です。

平成が終わり、『令和』元年として気持ちも新たになりますね。
5月1日が祝日となったことで今年はなんとGW10連休も可能となり、お休みの雰囲気が例年以上に強かったように感じます。
一方で経営者の皆様にとっては悩ましいことだと思います。
「社員の休暇も必要だけど、経営的には休ませにくい」といった声を多く聞きました。
“働き改革”も益々広く浸透していき、今後はこういった連休においても社員の満足度向上のため完全休日とする会社様も増加していくことが予想されます。

しかし、売上や利益は前年比越えの結果を出し続け、常に成長していくことを求められていると思います。
そのために必要なことを1つ挙げるとすると、「現場力」の向上が欠かせません。
「現場力」とは、上司の指示がなくとも自ら積極的に「売上をつくれる社員」に他なりません。
私は自費リハビリ事業のコンサルティングを主に行っていますが、医療・介護保険領域と自費のリハビリ専門家をどちらも見ている中で大きく違うのはこの「現場力」であると日々感じています。
自費領域に勤務するリハビリの専門家はより積極的に売上をつくる取り組みをしています。
例えば、空き時間を有効に活用しSNSや営業を自ら行っています。そしてなにより案件があれば確実にクロージングしています。

船井総研では「自費リハビリ経営研究会」を定期開催しております。
今回はスペシャルゲストをお呼びした拡大版です。
来店からのクロージング率80%、自費のみで売上250万/月をオープン2ヵ月目に達成している脳梗塞リハビリセンター熊本の現場責任者をお呼びしています。
実際の実技と専門家のマインドチェンジの必要性とその方法についてたっぷりとご講演いただきます。

自費リハビリ事業にご興味のある方はもちろん、保険事業をされている現場スタッフの方にとっても有益な情報になっておりますので、ご興味のある方はお問合せください。
会場の都合、無料でのご招待は数組限定とさせていただいております。

☆研究会の詳細はこちら
自費リハビリ経営研究会
https://peraichi.com/landing_pages/view/hokengai

日時:6月16日(日) 東京
船井総合研究所丸の内本社
《JR山手線「東京駅」から徒歩1分、東京メトロ「大手町駅」、「丸の内駅」から徒歩2分、》
時間:(午前)10:30-12:00、(午後)13:00-16:30

最後までお読みいただきありがとうございました。

【自費リハビリ経営研究会】

▼研究会の詳細・申し込みはこちら▼

https://peraichi.com/landing_pages/view/hokengai

この記事を書いたコンサルタント

久積 史弥

自費リハビリ事業は理学療法士としての経験を活かせるテーマとして大きな可能性を感じています。それは保険の枠にとらわれない、柔軟で価値の高いサービスを提供できる事業だからです。
さらに注目して頂きたいのは、日本の高齢化が世界的に見ても先進国だという点です。自立支援のためのリハビリ文化を世界に提供することは大きなビジネスチャンスになります。
時流である自費事業。そのリハビリ領域における事業を立ち上げから結果に拘り精一杯お手伝いさせて頂きます。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る