病院給食の業務改善

2019年4月15日配信

カテゴリ:
シニアフード

野間です。

300床前後の病院・介護施設から
給食部門の業務改善のご相談が増えています。

病院・介護施設ともに
「コスト削減」「省力化」というテーマは共通しています。

このテーマの結論は、

「調理済み食材を活用するかしないか」
「その活用範囲をどこまでにするか」

です。

上記を意思決定するための検討素材として、

調理済み食材導入後の

・コストシミュレーション
・人員体制シミュレーション

をしていくことになります。

が、実はこの部分、

「やりたいけど、できない」というケースが大変多く、

どの調理済み食材メーカーを利用すべきかにも
同様に悩まれています。

このあたりは、ご相談いただければすぐにお答えできる部分が多いので、
お気軽にお声がけください。

聞けばわかることに悩む時間は、大きなコストです。

【次世代給食業経営研究会】

▼研究会の詳細・申し込みはこちら▼

この記事を書いたコンサルタント

野間 元太

給食ビジネス専門のコンサルタント。これまで日本に存在しなかった「給食業における即時業績アップ」のノウハウを確立し、唯一無二の「給食業に特化したコンサルティング」を立ち上げた第一人者。今では日本全国トップクラスのシェアを誇る、某社の「個人宅向け弁当宅配」の立ち上げ等。過去にクライアントに貢献した実績は実に多数。 TBS「がっちりマンデー」などのTV番組や各業界紙に、同氏の支援先成功事例が多数とりあげられている。 年商1億円~年商3000億円の企業まで、事業規模を問わず幅広く業績アップの支援を担当。年間300日、全国各地のご支援先の現場に飛び回っている。
『気持ちの良い社長と、気持ちの良い仕事をする』をモットーに、実現可能性が高く、ダウンサイドリスクの低い、即時業績UPを実現するためのコンサルティングで、数多くの企業に貢献している。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る