今年は絶好のチャンス!新規事業6選!

2020年1月28日配信

カテゴリ:
新規参入 老人ホーム紹介

注目の時流に乗ったシニア向け新規ビジネス

新規事業を考える際に押さえるべきポイントは5つあります。

事業性(収益性)、ライフサイクル、市場ポテンシャル、マクロ的時流、具体的な成功事例
これらのポイントを押さえるためには、「タイミング」が重要です。
そんな中で、今年絶好のタイミングなのが高齢者市場です。

来年2021年は3年に1度の介護護報酬改定の年です。
業界が大きく変化するタイミングを前に今年取り組むべきことがあります。
本日、ご紹介する6つの新規事業は、この流れに乗って急拡大しているビジネスです。
しかも、あらゆる業種の方が参入可能です。

①身元保証ビジネス
→独居生活で不安を感じている高齢者の金銭管理や生活支援をするビジネス。

②シニア向け配食ビジネス
→買い物に出ることができない高齢者に食事の提供を支援するビジネス。

③老後の住まい仲介ビジネス
→退院後に自宅に帰ることのできない方のために住まい探しを支援するビジネス。

④シニア向け空き家活用ビジネス
→所得が低く退院後に介護施設に行けない方のため空き家を活用し受け皿を作るビジネス。

⑤自費リハビリビジネス
→リハビリ病院に入院している時と同等のリハビリを退院後も提供するビジネス。

⑥シニア訪問ケアビジネス
→自宅で寝たきりになっている高齢者の疼痛管理を支援するビジネス。

これらのビジネスが伸びている要因は1点だけです。
「1人あたりの社会保障削減に貢献できるかどうか」

社会保障費は下記の順番で高額になります。
病院>特別養護老人ホーム>民間の介護施設>自宅

右に行くほど社会保障削減につながるため、そこに貢献できる事業は今後成長が見込めるのです。
では、どのような企業が新規参入するといいのか?

実は、医療や介護業界に染まっていない業界です。

営業や集客、KPI管理といった、多くの業界で当たり前のことが、医療・介護業界では進んでいません。
また医療・介護業界で、今回ご紹介した新規ビジネスや空白ビジネスへスピーディーに参入しようと動き出す法人は少ないのが実情です。

ですから新しいビジネスチャンスをつかみ、異業種の常識を持ってくるだけで、新規参入の成功確率が格段に向上するのです。

では、これらのビジネスに成功している会社に共通する「たった1つの成功ポイント」とは何なのか。

次回のメルマガにてお伝えします。どうぞお楽しみに。

――――――――――――――――――――――――――――――

▼セミナー開催のお知らせ
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/056974

『老後の住まい仲介新規参入セミナー』

詳細・お申込みはこちらから!
https://www.funaisoken.co.jp/seminar/056974

この記事を書いたコンサルタント

中川 洋一

船井総研に入社後、中古車業界、温浴業界、アミューズメント業界、士業業界、医療業界、介護業界の経営コンサルティングに注力してきた。老人ホーム紹介ビジネスのコンサルティングを開始してからは、この業界の専門コンサルタントとして全国で新規参入や業績アップ支援を行っている。老人ホーム紹介ビジネスに新規参入する業界は多岐に渡り、各業種との相乗効果も様々。どのような業種であっても老人ホーム紹介ビジネスに参入し業績アップをできるノウハウを日々磨きこんでいる。これまでに様々な業種でのコンサルティングを行ってきたことが、現在の展開に大きく寄与している。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る