「採用は認知される力が重要/介護職を月間26名採用できた成功事例大公開」

2018年9月3日配信

カテゴリ:
人材採用・育成・評価

さん。こんにちは。
介護業界の採用・定着・育成分野を担当している船井総研の植野です。
 
年々介護業界では採用活動が厳しくなっています。
 
公益財団法人介護労働安定センターは8月上旬、2017年度の「介護労働実態調査」の
結果を発表しました。従業員の過不足状況を聞くと、「大いに不足」(9.6%)、
「不足」(24.4%)、「やや不足」(32.6%)と、不足感を感じている事業所は
66.6%にも上っています。不足感は2013年以降、4年連続で徐々に増加している現状です。
 
その中でも従業員が不足している理由は「採用が困難である」(88.5%)が
抜きん出て多いという結果で、どこも人財不足感が否めません。
 
だからこそ、改めて「採用力」とはどういったものなのかを認識して
いただく必要があります。
 
採用力とは、「認知される力×選ばれる力×グリップする力」
因数分解することができます。今回はそのなかで「認知される力」
についてお伝えさせていただきます。
 
「認知される力」というのは、求職者に法人のことを知ってもらっているかということです。
 
現在は、求人が多くでている状態なので、なかなか求職者に
知ってもらうことができません。
だからこそ、第三者(求人広告会社・人材派遣会社・人材紹介会社)を
介して余分な費用をかけることなく、ダイレクトリクルーティングという
直接求職者に法人を知ってもらう施策で費用を抑えながら、
良い人財を採用できる方法になります。
 
船井総研ではこの度、そのお悩みを解決すべく
「第2回介護人材採用改革セミナー2018」の開催が決定しました。
 
本セミナーでは、自法人での「WEB採用」を実現するノウハウと
実践事例を併せてご紹介します。
 
また特別ゲストとして、
【紙媒体を使わずWEB採用のみで「介護・看護・リハビリ職」を
月間93名応募→26名採用→採用単価3.5万円】
を実現された
(株)ビーナス様をお招きし、「WEB採用」の取り組み時の失敗事例から、
その後の成功事例・成功法則まで包み隠さずご講演いただきます。
 
採用は常に目まぐるしい変化が起きています。
その採用の時代の流れにうまく適応して、成長し続ける介護施設として
皆様の手助けになれたらと思います。
 
是非皆様のご参加をお待ちしております。  

※お席が限られておりますので、是非お早めにお申込みください。※

 
【第2回介護人材採用改革セミナー2018】

▼セミナーの詳細・申し込みはこちら▼

この記事を書いたコンサルタント

植野 公介

「介護の仕事に誇りを持った人財を多く輩出する」をコンサルティングテーマに、 介護業界の株式会社、社会福祉法人、医療法人向けに、採用・定着・育成・研修のコンサルティングを行っている。中でも、介護施設を対象とした介護関係職(介護職、看護師、リハビリ職など)の採用コンサルティングを得意としている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る