入居率アップは課題解決のその先にあるという発想

2016年11月14日配信

カテゴリ:
老人ホーム紹介

皆様
いつもありがとうございます。
老人ホーム紹介ビジネスの新規立ち上げから、営業領域に特化してコンサルティングしております、
平田晃將です。
最近、全国各地で現場の営業マンと病院へ営業同行をする機会が増え、
私自身も月の3分の1は営業の立場で病院へ足を運んでおります。
そこで各営業マンの専門職の方へのアプローチを見ていて、
「これはいかがなものか・・・」と感じるアプローチがあります。
それは「紹介してくれくれ営業」になっているということです。
例えばよくあるのが、こちらが一方的にベラベラ話をして、最後に
「退院調整でお困りの方がいらっしゃったら紹介してください!」
という決め台詞です。
となると、専門職の方の頭の中は、
「なんでアンタに紹介しなきゃいけないのよ・・・。」
となるでしょう。
なぜなら、「相手の何も役に立っていないから」です。
「退院調整でお困りの方がいらっしゃいましたら・・・」と言っておりますが、
そもそも、相手のニーズ(お困りごと、お悩みごと、面倒だと思っていること)を
理解していますか?
相手のニーズを理解し、解決したその先に初めて紹介が生まれ、成果につながります。
高齢者を紹介して欲しいのであれば、まずは相手を知ること(聴くこと)から始めましょう。
皆様の運営の一助になれば幸いです。
 
 

老人ホーム紹介ビジネス経営研究会のご案内

 
老人ホーム紹介ビジネスに携わる経営者が集まる、日本で唯一の会員制勉強会です。
それぞれの会員様が、全国各地で地域一番になることを目的とした勉強会です。
 

>>詳しい内容・お申込みはこちら!
平田 晃將(ヒラタ アキマサ)

今回の担当コンサルタント

医療・介護・福祉・教育支援部

平田 晃將(ヒラタ アキマサ)

前職のアパレルメーカーにて年間売上3億円のトップ営業を経験し、その後営業部署のチームリーダーを経て船井総研へ入社。
入社後は、WEB通販業界、整骨院業界、介護業界のコンサルティングの経験を積みながら、現在は老人ホーム紹介ビジネスでクライアント先の『営業マン育成』に取り組んでいる。
前職における自身の管理職経験から 『採用』『教育』『育成』への洞察が深く、特に『営業マン育成』に関しては、部署内でも一目置かれている。

>>お問合せ・無料経営相談

この記事を書いたコンサルタント

平田 晃將

前職のアパレルメーカーにて年間売上3億円のトップ営業を経験し、その後営業部署のチームリーダーを経て船井総研へ入社。

入社後は、WEB通販業界、整骨院業界、介護業界のコンサルティングの経験を積みながら、現在は老人ホーム紹介ビジネスでクライアント先の『営業マン育成』に取り組んでいる。

前職における自身の管理職経験から 『採用』『教育』『育成』への洞察が深く、特に『営業マン育成』に関しては、部署内でも一目置かれている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る