「あなたの営業成果を飛躍的に高める営業マインドの形成」~営業マンの成否はマインドが9割!?~

2016年7月21日配信

カテゴリ:
老人ホーム紹介

皆様、いつもありがとうございます。
老人ホーム紹介ビジネスの新規立ち上げから、営業領域に特化して
コンサルティングをさせていただいております、平田晃將です。
 
弊社主催の老人ホーム紹介ビジネス経営研究会の会員数が、
おかげさまで全国70社に増えました。年内には100社に到達する見込みです。
 
数多くの会社様とお付き合いをさせていただいて、改めて感じることは、
このビジネスの成否は『営業マン』で決まるということです。
 
さらに言うと営業マンの『マインドで9割が決まる』といっても過言ではありません。
 
立ち上げの段階で、営業マンの選定を間違えてしまうと、
どんなに頑張ってもうまくいきません。
 
ですので、営業マン選定には慎重にならなければなりません。
 
そこで、私が数多く営業のご支援をさせていただいていて感じる、
うまくいっている『営業マンに必要な7つのマインド』をご紹介します。
 
(1) 成約をしなければ責任を全うしていないという、自覚があること
(2) 最後の最後まであきらめないという、しつこさがあること
(3) 即時対応で、スピード感があること
(4) 明るくて、笑顔であること
(5) 誠実で、謙虚であること
(6) 経営者感覚、事業の責任者としての自覚があること
(7) 素直で、勉強好きで、プラス発想であること

 
いかがでしょうか?
どれも欠けてはいけない項目ですので、一つでも欠けていたら、
営業マンとしての在り方を見直す必要があるかもしれません。
 
もちろんマインドは、鍛えれば形成することができます。
 
どうすれば鍛えられるかを知りたい方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。
 

>>無料経営相談はこちら

平田 晃將(ヒラタ アキマサ)

今回の担当コンサルタント

医療・介護・福祉・教育支援部

平田 晃將(ヒラタ アキマサ)

前職のアパレルメーカーにて年間売上3億円のトップ営業を経験し、その後営業部署のチームリーダーを経て船井総研へ入社。
入社後は、WEB通販業界、整骨院業界、介護業界のコンサルティングの経験を積みながら、現在は老人ホーム紹介ビジネスでクライアント先の『営業マン育成』に取り組んでいる。
前職における自身の管理職経験から 『採用』『教育』『育成』への洞察が深く、特に『営業マン育成』に関しては、部署内でも一目置かれている。

 

この記事を書いたコンサルタント

平田 晃將

前職のアパレルメーカーにて年間売上3億円のトップ営業を経験し、その後営業部署のチームリーダーを経て船井総研へ入社。

入社後は、WEB通販業界、整骨院業界、介護業界のコンサルティングの経験を積みながら、現在は老人ホーム紹介ビジネスでクライアント先の『営業マン育成』に取り組んでいる。

前職における自身の管理職経験から 『採用』『教育』『育成』への洞察が深く、特に『営業マン育成』に関しては、部署内でも一目置かれている。

船井総研介護・福祉ニュース無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」

現場で活躍するコンサルタントが、業界で成功するポイントや課題解決に向けた新たな切り口をご提供! 船井総研の介護・福祉経営コンサルタントが無料でお届けする、現場の最新情報・ノウハウがギュッとつまった無料メールマガジン「介護・障がい福祉ビジネス通信」。
これからの時代に生き残っていくために、「地域一番」となるためのヒントや、介護・福祉経営コンサルティングチームのご支援先の成功事例レポート、勉強会やセミナーのご案内など、盛りだくさんの内容でお届けしています。ぜひご登録ください。

無料経営相談のお問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

お問い合わせフォームはこちら

お電話でのお問い合わせ

0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)0120-958-270 (受付時間 平日9:00~18:00)

介護・福祉経営.comを見たとお伝えください。

ページのトップへ戻る